HOME » 屋内でのトレーニングでも熱中症に要注意!

屋内でのトレーニングでも熱中症に要注意!

2015年7月9日

ホームページご覧いただきましてありがとうございます。代表の村上です。

日本の夏は高温多湿。
暑い夏場でのトレーニングで最も気を付けなければならないのは、なんといっても熱中症ですね。
熱中症というと屋外でのスポーツの時の話で、ジムなどで運動する時には関係ないと思いがちですが、屋内で熱中症になるケースも最近では増えてきているのです。

どうして熱中症になるの?
熱中症とは「体が熱されることによって引き起こされる症状」です。

人間のカラダの60%は水分です。
そして、体重の「3%」の水分を失ってしまうと運動能力や体温調節機能が低下すると言われています。
熱中症の原因は大きく分けて3つあります。

1、水分不足
人は体温をほぼ一定に保つために、汗をかくことで熱を逃がし、体温調節をしています。
これは水分が蒸発する時に回りの熱を奪う性質を利用しているのです。
ちなみに、汗の99.5%が水分で、そのほか食塩や乳酸、尿素などを含んでいます。

運動する時には体温が上昇するので、汗の量はさらに増えます。
激しい運動によって筋肉がパンパンに張る状態になった時に、その筋肉に水分が集中したりすると、さらにカラダの中の水分が不足します。
そしてカラダの水分補給が間に合わなくなると、次第に血液の循環も悪くなります。
すると、めまいやだるさに見舞われたり、ひどい時には気を失ってしまう場合もあります。

2、ミネラル不足
暑い時にたくさんの汗をかくと、カラダの水分だけでなく塩分などのミネラル分も汗といっしょにカラダの中から出て行ってしまいます。
ミネラルが不足すると、筋肉が正常に収縮できない状態になり、足がつったりするような筋肉のけいれんを引き起こしたりします。

3、体温の異常な上昇
温度上昇によって体温や呼吸などをコントロールしている視床下部がうまく機能しなくなると、汗をかいたりする体温調節機能そのものがマヒして、意識障害などを引き起こします。
これは熱射病と呼ばれるもので、非常に危険な状態です。
すぐ水をかけたり、ぬれタオルをあてるなどのカラダを冷やす応急処置が必要です。

熱中症予防の基本
できるだけ急激に体温が上がらないように猛暑、35度以上での運動は厳禁です。

そして水分やミネラル分をスポーツドリンクなどでこまめに補給するようにしましょう。
もし、空調が効いていない部屋で運動する時は、扇風機を回しましょう。
カラダに風をあてるだけでも、状況が改善されます。

けれども、頭痛や吐き気などの症状が出始めたらすぐに運動をやめ、首やわきの下などをアイシングしましょう。
ただし、症状が軽くなったからといってトレーニングをすぐに再開するのはNGです。

トレーニング中に注意したいこと
では、ジムでトレーニングする時には具体的にどんなことに注意すべきでしょうか。

まずはトレーニング中に水分を十分に補給できているかどうか確認する必要があります。
運動前よりも運動後の方が体重が減っていたら実は要注意!
一回の運動で減る脂肪の量は残念ながらわずかです。
もし体重が減っていたら「痩せた!」のではなく、水分不足の危険があります。

また、尿の色や量もバロメーターになります。
尿の色が濃かったり、量が少なかったりしたらこれも黄信号です。

熱中症予防といえば水分補給が定説ですが、単に水だけではカラダのミネラル濃度がさらに薄くなってしまいます。
するとカラダはこれ以上ミネラル濃度を低くしないために、さらに汗をかいて水分を排出しようとしてしまうのです。
これでは水分補給にはなりませんし、結果的に脱水症状がさらに進んでしまう可能性があります。

やはりこんな時にはスポーツドリンクがおすすめ。
100mlあたり40mgから80mg程度のナトリウムを含むものがいいでしょう。
市販のものは甘すぎる場合があるので、適宜水で薄めてのどの渇きを感じる前にこまめに補給するようにしましょう。

体調が悪く体温調節機能が低下している時には、いつも以上に熱中症にかかりやすくなっています。
体調が悪い時はできるだけ激しい運動はさけ、まめに水分補給をしながら無理なくトレーニングしましょう、

暑くて蒸している中で運動したらカラダがだるいこともあります。
でも、もしかしたらそれは熱中症かもしれません。
汗をかいたらいっぱい痩せると思って、多少の不調を我慢してトレーニングを続けていたら重症化する恐れもあります。
夏場のトレーニングは、いつも以上にカラダと相談しながら進めましょう。


タグ: ,

Posted by パーソナルジム 東京都江東区 短期ダイエット プライベートジム 錦糸町 at 08:34 / 村上克利コラムコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ 空き状況検索
トレーニングジム無料見学
空き状況検索

30日間完全返金制度

完全返金制度について

自慢の設備・サービス

No.1パーソナル設備

サプリ・ミネラルウォーター
使い放題

芸能関係者からも好評なジム

広々フィッティングルーム

駐車場2台完備

パーソナルジョギング指導

栄養管理士による食事指導

POLUMダイエット開発者
村上克利コラム

営業時間

営業時間
平日 10:00~21:00
(20:30最終受付)
(休日:不定休)

電話
03-5628-1179

アクセス
都営新宿線「西大島」駅より
徒歩7分

〒136-0072
東京都江東区大島2-3-14
東洋産業ビル4F

店舗写真

駐車場2台完備で
お車でお越しいただてOKです!

村上克利ブログ
江東区
文部科学省

対象地域・種目

東京都江東区
東京で駐車場があるプライベートジムは珍しいとの事で遠方よりお越しになられる方が多いのが特徴です!
東京都千代田区/東京都中央区
東京都港区/東京都新宿区
東京都文京区/東京都台東区
東京都墨田区/東京都品川区
東京都目黒区/東京都目黒区
東京都大田区/東京都世田谷区
東京都渋谷区/東京都中野区
東京都杉並区/東京都豊島区
東京都北区/東京都荒川区
東京都板橋区/東京都練馬区
東京都足立区/東京都葛飾区
東京都江戸川区/千葉県

トレーニング種目
短期集中ダイエット
トレーニングジム
プライベートジム
マンツーマンジム
パーソナルジム
ウェイトトレーニング