HOME » 体幹について

体幹について

2014年12月19日

ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 代表の村上です。

最近良く、「体幹」や「体幹トレーニング」という言葉を聞くようになりました。
耳にしたことがある、という方も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

テレビや雑誌などで得られるダイエット情報や、
世界で活躍するスポーツ選手のトレーニングにも、この「体幹」を意識したものが
取り入れられるようになっているようです。

では、一体この「体幹」とは、どういうものなのでしょうか?
トレーニングをすることで、どんなメリットが得られるのでしょうか?

今回のコラムでは、「体幹」について、基礎的な知識からご紹介していきます。

<実は曖昧? 体幹の定義>

そもそも、「体幹」とは、身体のどの部分を指す言葉なのでしょうか?

辞書(『大辞林 第3版』)によると、

『人間の胴。人間の主要部分』

とあります。
少し曖昧な記述のようですが、実は「体幹」についての明確な定義は、
現在の所ないようです。
トレーニングコーチや、指導者などによって、さまざまな解釈がされているというのが実情のようです。

しかし、そのような状況の中でも、ある程度、全体で認識されている知識があります。

今回はまず、「体幹」の場所やはたらきについて、いくつかの説を取り上げながら、
ご紹介していきます。

<体幹の定義>

「体幹」が身体のどの部分を表すのか、
それについてはいくつかの説があります。

まず、一般的に認知されている、認識されている場所から取り上げていきます。

① 骨盤、背骨、肋骨(胸郭)、肩甲骨の骨格を基礎とした、胴体部分のこと。

人の手足と、頭を除いた部分を「体幹」と捉える説です。
「体幹」の文字通り、上半身から太ももまでを、身体の「幹」として考えるものです。

骨盤や背骨などの、これらの骨だけではなく、骨の周りの筋肉も「体幹」の一部とします。
筋肉は表層のものも、深層のものも、どちらも重要視することが多いようです。

諸説がある中で、この考え方が最もオーソドックスなものと言えるかもしれません。

② 腹腔を囲む部分のこと。

これは、腹腔周りの体壁や筋肉を「体幹」と定義する考えです。

腹腔は、人のお腹の部分のことを指します。
肋骨と骨盤の間にあり、胃腸などの各種臓器を収めている場所です。
ここには骨が無いため、筋肉や体壁が内蔵や身体を支えているのだそうです。

腹腔を取り囲んでいる筋肉は、以下の4種です。

・腹横筋

・多裂筋

・横隔膜

・骨盤底筋群

これらの筋肉は、一般的に『インナーマッスル』と言われているものです。
腹腔を上下左右から囲むことで内臓を支え、また腹圧を高めることで背骨を支えています。

③ 胸郭と背骨の間から、骨盤までのこと。(その中の臓器と、その周囲にある表層・筋肉を含む)

3つ目は、ピラティスの立場から考える、「体幹」の定義です。

「健康であるためには、体内の臓器が所定の位置にあり、正常に動いていることが大事だ」

という考えを前提にしたものです。

臓器を決められた場所に収めるためには、その周囲の骨や筋肉が正しい位置関係(アライメント)を
保っている必要があるそうです。

「体幹」を単に筋肉と捉えず、
臓器や骨を含んだ身体全体を見つめ、それらの位置関係のズレなどを調整していくことが、
ピラティスの目的のひとつなのだそうです。

ここでは、最も一般的な①の説をベースに、

「体幹とは、おおむね人間の体の頭と手足をのぞいた胴体部分で、
骨盤、背骨、肋骨(胸郭)、肩甲骨と、その周囲を取り巻く表層、深層の筋肉のことを指す」

という風に捉えていきましょう。

<体幹の機能>

「体幹」は、どのようなはたらきをするのでしょうか。

現在では主に、以下の3つのはたらきが考えられています。

① 生命維持

心臓や肺、消化器系の臓器など、生きていく上で不可欠な臓器が、
正常に機能するように、所定の位置に収め、守っています。

② 姿勢を保つ

③ 身体を動かす

そして、これらのはたらきは、「体幹」の、それぞれ別々の層で行われています。

<体幹の構造>

そもそも、「体幹」には3つの層があります。

立っている人の身体を、
CTスキャン撮影のように、おへその辺りで輪切りにした際、外側から内側に向かって、

・外層

・中間層

・深層

以上の3つの層を数えます。

これらの層は、それぞれ以下のようなはたらきをしています。

① 外層 

体幹運動で、主に働いている筋肉の部分。
姿勢を維持し、体幹を必要とする、大きな強い動きを行なう

② 中間層 

姿勢の安定を司っています。

またこの中間層は、具体的には、

・胸腰筋膜を緊張させて体幹を支える、コルセットのような機能

・腹圧を高めて、内部から背骨を支える

というような、はたらきも担っています。

③ 深層 

脊椎の可動域の制御し、 背骨の動きを脳に伝達するはたらきがあります。
具体的には、

・背骨をつなぎとめる
・背骨の動きや位置を感じ取り、姿勢や身体の動きの微調整をする

というものです。

<体幹を鍛えるメリット>

では、最後に「体幹」を鍛えるメリットについてお伝えしていきます。

上記で取り上げた「体幹」の筋肉を鍛えていくと、
骨盤や背骨が正しい角度・位置になり、自然に姿勢が改善されていきます。

また、腕や脚、腰の動きが、今迄よりスムーズになり、更に可動域が増します。

その為、大きな動きや素早い動きに対応出来るようになり、
スポーツやエクササイズでのパフォーマンス向上につながります。

そして、体幹には太い筋肉が多く集まっているため、
鍛えることで基礎代謝量が上がるというメリットもあります。

基礎代謝が高まれば、エネルギー消費量が増え、痩せやすい体に変わることが出来ますね。

「体幹」について知識を深め、これからの運動やダイエットに活かしていきましょう。

sit-up


タグ: , , ,

Posted by パーソナルトレーニング 東京 短期ダイエット プライベートジム 錦糸町 東京都江東区 at 18:30 / 村上克利コラムコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ 空き状況検索
トレーニングジム無料見学
空き状況検索

ダイエット実績

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声

30日間完全返金制度

完全返金制度について

自慢の設備・サービス

No.1パーソナル設備

サプリ・ミネラルウォーター
使い放題

芸能関係者からも好評なジム

広々フィッティングルーム

駐車場2台完備

パーソナルジョギング指導

栄養管理士による食事指導

POLUMダイエット開発者
村上克利コラム

営業時間

営業時間
平日 10:00~21:00
(20:30最終受付)
(休日:不定休)

電話
03-5628-1179

アクセス
都営新宿線「西大島」駅より
徒歩7分

〒136-0072
東京都江東区大島2-3-14
東洋産業ビル4F

店舗写真

駐車場2台完備で
お車でお越しいただてOKです!

村上克利ブログ
江東区
文部科学省

対象地域・種目

東京都江東区
東京で駐車場があるプライベートジムは珍しいとの事で遠方よりお越しになられる方が多いのが特徴です!
東京都千代田区/東京都中央区
東京都港区/東京都新宿区
東京都文京区/東京都台東区
東京都墨田区/東京都品川区
東京都目黒区/東京都目黒区
東京都大田区/東京都世田谷区
東京都渋谷区/東京都中野区
東京都杉並区/東京都豊島区
東京都北区/東京都荒川区
東京都板橋区/東京都練馬区
東京都足立区/東京都葛飾区
東京都江戸川区/千葉県

トレーニング種目
短期集中ダイエット
トレーニングジム
プライベートジム
マンツーマンジム
パーソナルジム
ウェイトトレーニング