HOME » 筋肉痛になる仕組みと予防法

筋肉痛になる仕組みと予防法

2014年9月20日

POLUMホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

代表の村上です。

今回は、筋肉痛について取り上げていきます。

ダイエットや体力づくりのためにトレーニングをした後に、
筋肉痛を覚えた方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
例えば筋トレを頑張った翌日や、普段やらないような力仕事をした後などは、
節々が痛むことがありますね。

では、そもそも筋肉痛はなぜ起こるのでしょうか。
このコラムでは、筋肉痛になる仕組みと、事前に出来る筋肉痛予防法をお伝えしていきます。

【まだ解明されていない? 筋肉痛の仕組み】

筋肉痛になる仕組みは、実は、まだ良く解明されていません。
そのため、ここでは最も有力とされている説を取り上げ、ご紹介していきます。

筋肉痛には、大きく分けて二つの種類があります。

一つ目は、即発性筋肉痛と呼ばれるものです。
これは運動中や、運動の直後に痛みを感じるものです。
痛みが無くなるまで、あまり時間がかからないため、特に問題視はされていないようです。

二つ目は遅発性筋肉痛です。
即発性とは異なり、何日間か持続して身体の痛みが現れます。
一般的に「筋肉痛」と呼ばれる症状の大半は、こちらの遅発性に区分されるようです。

これらの筋肉痛が起こる仕組みには、いくつかの説があります。

その中で良く取り上げられるのが、
「筋繊維がトレーニングなどで傷付き、修復される途中で痛みを生じる」
という説です。

しかし、筋肉を作っている筋繊維には、痛みを伝えるための神経が存在しません。
ですので、筋肉自体が痛むことはないと考えられています。
現在の研究で最も有力とされている説は、

「トレーニングなどで傷付いた筋繊維が、回復途中で炎症を起こす。その際に痛みを伝える物質が生まれ、筋肉を覆う筋膜から伝わる」

というものです。
筋膜には、痛みを受け伝える神経が走っているため、このような説が唱えられているようです。

【筋肉痛を事前に予防する方法3選】

治るまで数日もかからない軽いものから、身体を起こせないほど強い痛みを伴うものまで、
筋肉痛には痛みに広く差があります。

筋肉痛が出るのは、それだけしっかり運動をした証拠と考えることも出来ます,
しかし、あまりに筋肉痛が続くと、日々の生活などにも支障が出てしまう場合もあります。

明日の生活やトレーニングのためにも、痛みの予防に少しだけ、時間をとってみるのはいかがでしょうか。
以下、心がけたいことや予防法をまとめてました。

① トレーニング前に軽い栄養補給を

身体を動かす前に、低脂肪かつ高糖質、タンパク質を含むものを摂取しておきましょう。
例えば、バナナを一本。
市販のエネルギーバーやスポーツドリンク、シリアルなどでも良いとされています。

② ウォーミングアップと、クールダウンをしっかりと

急に運動を始めたり止めたりすると、筋肉や心臓に大きく負担をかけます。

本格的に身体を動かす前に、準備運動をしっかり行いましょう。
少しずつ体温を上げてからトレーニングをすることで、怪我の予防にもつながるそうです。

また、運動後は身体を冷やすクールダウンを行いましょう。
氷を当てるアイシングや、冷たいシャワーを浴びるなど、筋肉の炎症を抑えるようにしていくと良いでししょう。
また、ゆっくりストレッチなどをし、筋肉を休めてあげましょう。

③ 汗をかいたらスポーツドリンクを飲む

運動で汗をかくと、身体からは塩分が失われていきます。
この塩分は、私たちの身体の中で筋肉の収縮や、心拍、また神経機能の調節を担っています。
しかし、汗を大量にかいていると、これらの働きが鈍ってしまいます、
これを改善するために、水分と共に電解質が補えるスポーツドリンクを、出来るだけ利用していきましょう。

【もしも筋肉痛になってしまったら】

「準備運動やクールダウン、水分補給もしっかりしていたのに筋肉痛になってしまった」

そんな時、どう過ごしたら良いかをお伝えしていきます。

筋肉痛が、軽く痛みも少ない場合は、体内の血液を循環させ、代謝を高めると早く回復すると考えられています。
例えばストレッチをしたり、軽めのジョギングやウォーキングをしたりすると良いでしょう。

痛みは強い場合は、何もせずにゆっくり休むことが推奨されています。
身体に充分な休息を与えながら、痛みが取れるのを待ちましょう。

もし、痛みが長い間続いたり、だんだん強くなったりするようでしたら、怪我をしてしまった可能性もあります。
早めに病院に行き、医師にご相談なさることをおすすめします。

痛みに悩まされることのないよう、事前の予防に気を付け、
トレーニングやダイエットを楽しんで行っていきましょう。

ウエイトトレーニングでダイエット 東京の江東区大島 POLUMまでご相談下さい。


タグ: , , ,

Posted by パーソナルジム 東京都江東区 短期ダイエット プライベートジム 錦糸町 at 10:10 / 村上克利コラムコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ 空き状況検索
トレーニングジム無料見学
空き状況検索

30日間完全返金制度

完全返金制度について

自慢の設備・サービス

No.1パーソナル設備

サプリ・ミネラルウォーター
使い放題

芸能関係者からも好評なジム

広々フィッティングルーム

駐車場2台完備

パーソナルジョギング指導

栄養管理士による食事指導

POLUMダイエット開発者
村上克利コラム

営業時間

営業時間
平日 10:00~21:00
(20:30最終受付)
(休日:不定休)

電話
03-5628-1179

アクセス
都営新宿線「西大島」駅より
徒歩7分

〒136-0072
東京都江東区大島2-3-14
東洋産業ビル4F

店舗写真

駐車場2台完備で
お車でお越しいただてOKです!

村上克利ブログ
江東区
文部科学省

対象地域・種目

東京都江東区
東京で駐車場があるプライベートジムは珍しいとの事で遠方よりお越しになられる方が多いのが特徴です!
東京都千代田区/東京都中央区
東京都港区/東京都新宿区
東京都文京区/東京都台東区
東京都墨田区/東京都品川区
東京都目黒区/東京都目黒区
東京都大田区/東京都世田谷区
東京都渋谷区/東京都中野区
東京都杉並区/東京都豊島区
東京都北区/東京都荒川区
東京都板橋区/東京都練馬区
東京都足立区/東京都葛飾区
東京都江戸川区/千葉県

トレーニング種目
短期集中ダイエット
トレーニングジム
プライベートジム
マンツーマンジム
パーソナルジム
ウェイトトレーニング