HOME » 寒い季節でも脱水症状になるリスクが!冬でも運動前には水分をしっかりとりましょう

寒い季節でも脱水症状になるリスクが!冬でも運動前には水分をしっかりとりましょう

2018年12月15日

ご覧いただきありがとうございます。 代表の村上です。

脱水症を予防するための水分補給は、汗をかきやすい夏場だけ気をつければいいと思いがちですが、実は寒い冬にも必要なことなのです。
冬場でも脱水症状に陥るリスクはあります。
今回は、冬にも起こる脱水症状とその予防について解説します。

●どうして寒い冬に脱水症状になる?

夏場は汗をかくために、体から水分が出て脱水症状に陥りやすいですね。
でも、汗をそれほどかかない冬に、どうして脱水症状が起こるのでしょうか?

冬はもともと空気が非常に乾燥しているうえに、室内ではアコンなどの暖房器具を使うことでさらに、湿度が下がりがち。

このような環境だと、気付かないうちに肌や粘膜などから水分が失われていってしまいます。

これを「不感蒸泄」と呼んでいます。

冬場はただ普通に生活するだけでも、知らないうちに体から水分が失われていくのですね。

また、冬場は夏場に比べて汗をかかなくなり喉の渇きを覚えにくいですよね?
体を冷やしたくないので、飲み物をとるのを控える人も多いでしょう。
そのため、結果的にとる水分の量が減ってしまうことも脱水症状の要因になります。

●水分が不足するとどうなる?

水分が不足すると、他の疾患を引き起こすきっかけにもなってしまいます。
体から水分が不足すると、血液の粘度が上がり、いわゆる「血液ドロドロ」の状態となって、血管がつまりやすくなります。

そうすると脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクが大きくなります。
特に脳梗塞は、季節としては夏と冬、時間帯としては夜間から早朝にかけて起きやすくなっています。
これは就寝中に体が脱水になることや、夏の水分不足が影響していると考えられています。
脳梗塞や心筋梗塞は、中高生の方に多発する疾患なので、十分に注意してくださいね。
  
また、高齢者は加齢に伴い筋肉量が低下しています。
実は筋肉の中にも水分が蓄えられているのですが、筋肉量の低下とともに蓄えている水分も減少するため、体の中の水分量は若い時よりも約10%少ないと言われています。
喉の渇きも自覚しにくいため、高齢の方は、より意識して水分補給を行う必要性があります。

●冬でもスポーツの前後は水分補給を

冬の脱水症状を防ぐためには、喉が渇いていないと感じるときでも、運動の前後には水分を補給することが必要です。

ちょっとの運動なら大丈夫と思って積極的に水分をとることの少ない冬だからこそ、意識的に摂取するよう心がけましょう。

運動がハードになる分、体は体温調節をするために汗をたくさん出します。
多量の汗をかくと水分だけではなく、ミネラルも多く失ってしまうのは、ご存じですね。
夏のように気温が高いときはもちろんですが、冬場であっても、十分な水分をとらずにスポーツをするのは危険です。

まず、運動を始める前には十分な水分摂取を行いましょう。
運動前後の体重差が2%以内になるようにすることが理想です。
短時間の運動なら水でも大丈夫ですが、1時間以上の運動や、よりハードな運動をする時は、ミネラル分を含むスポーツドリンクなどがおすすめです。

●健康的な日常生活を送るために

日常的な生活を送るうえでは、水分補給はお水やお白湯で十分です。
ただ、スポーツをしていなくても入浴前後や飲酒のあと、就寝時は体内で水分が不足しがち。
とくに濃い尿が出たり、量が減ってきたときは水分が不足しているサインともいえるので要注意です。
喉が渇いてから飲むのではなく、タイミングを決めてこまめに水分補給することを心がけましょう。
具体的には、起床時、朝食時、10時ころ、昼食時、3時ころ、夕食時、入浴前、就寝前などのタイミングがおすすめです。

中にはスポーツの後の一杯のビールを楽しみにしている方もいらっしゃるでしょう。
でも、お酒を飲むとアルコールを代謝するために体内の水分が使われてしまいます。
例えばビールを10本飲んだ場合は、利尿作用により11本分の水分が体から排出されると言われています。
お酒を飲む際には、お酒と同量の水分をとるようにしましょう。

また、水分を補給することで、冬場に多い風邪などの感染症対策にもなります。
風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、乾燥した状態だと活動が活発になります。
反対に湿度50%以上になると活動が低下します。
水分を補給すると喉や鼻の粘膜をうるおうので、ウイルスの侵入を防ぐと同時に、侵入したウイルスを痰や鼻水によって体外に排出するのを助ける効果もあるんですよ。

寒い冬でも水分補給と運動を心がけ、健康的な毎日を送ってくださいね。


タグ: , , ,

Posted by パーソナルトレーニング 東京 短期ダイエット プライベートジム 錦糸町 東京都江東区 at 08:42 / 未分類,村上克利コラムコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ 空き状況検索
トレーニングジム無料見学
空き状況検索

ダイエット実績

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声

30日間完全返金制度

完全返金制度について

自慢の設備・サービス

No.1パーソナル設備

サプリ・ミネラルウォーター
使い放題

芸能関係者からも好評なジム

広々フィッティングルーム

駐車場2台完備

パーソナルジョギング指導

栄養管理士による食事指導

POLUMダイエット開発者
村上克利コラム

営業時間

営業時間
平日 10:00~21:00
(20:30最終受付)
(休日:不定休)

電話
03-5628-1179

アクセス
都営新宿線「西大島」駅より
徒歩7分

〒136-0072
東京都江東区大島2-3-14
東洋産業ビル4F

店舗写真

駐車場2台完備で
お車でお越しいただてOKです!

村上克利ブログ
江東区
文部科学省

対象地域・種目

東京都江東区
東京で駐車場があるプライベートジムは珍しいとの事で遠方よりお越しになられる方が多いのが特徴です!
東京都千代田区/東京都中央区
東京都港区/東京都新宿区
東京都文京区/東京都台東区
東京都墨田区/東京都品川区
東京都目黒区/東京都目黒区
東京都大田区/東京都世田谷区
東京都渋谷区/東京都中野区
東京都杉並区/東京都豊島区
東京都北区/東京都荒川区
東京都板橋区/東京都練馬区
東京都足立区/東京都葛飾区
東京都江戸川区/千葉県

トレーニング種目
短期集中ダイエット
トレーニングジム
プライベートジム
マンツーマンジム
パーソナルジム
ウェイトトレーニング