HOME » あなたの体力は何歳ですか? 体力年齢を若返らせるには?

あなたの体力は何歳ですか? 体力年齢を若返らせるには?

2017年10月4日

トレーニングスタジオポルム 代表の村上です。

9月12日に2度目の現役生活に自ら幕を下ろしたテニスプレーヤーの伊達公子さん。
最初の引退は26歳、その後37歳の時に復帰し、その年の全日本選手権で見事優勝、翌年から世界ツアーを再開と、伊達選手の活躍は皆さんもご存じのとおりです。
爽やかな笑顔と気迫あふれるプレーで周囲を魅了し、同世代の人に多くの夢と希望を与えてくれたのではないでしょうか?
まさにテニス界のレジェンドで、1度目より2度目の現役時代の方が魅力的に感じたのは私だけではないと思います。
さて、伊達公子選手を見ていると、体力は衰えないのだろうかと不思議に思えてきてしまいます。
伊達選手の体力的な年齢は何歳くらいなんでしょうか?
とても気になりますね。
もちろん、自分自身の体力年齢についても気になります。
そこで、今回は「体力年齢」について説明したいと思います。

●体力年齢とは?

体力年齢とは、運動能力と実際の年齢と比較して出した数値のことで、一般的に運動能力が高い方が若く出ます。
体力を細かく分けると行動体力と防衛体力に分けることができます。
防衛体力はおおまかにいうと免疫力や抵抗力のこと。
運動能力は走る、跳ぶ、投げるといった運動のベースになる体力のことです。
行動体力は筋力、瞬発力、筋持久力、全身持久力、平衡性、敏捷性、柔軟性の7つの要素に分けることができます。
体力年齢を計る方法は多々ありますが、おおむね上記の7つの要素に着目しています。
最近、特に注目されてきており、インターネットでも体力年齢を計るサイトが多く登場しているので、一度計測してみてはいかがでしょうか。

●なぜ体力が衰える?

誰でも若いころのようにいつまでも元気でいたいものです。
しかしながら、体力は20歳代がピークで、意識してスポーツをしない限り、筋量の減少とともに徐々に衰えはじめていきます。
多くのアスリートが20代の頃にピークを迎えるのはこのような理由があったからなのです。
ピークの時期に筋肉を鍛えれば鍛えるほど、筋肉はどんどん強く柔らかくなります。

しかし、一般人にとって30代は仕事や家事、育児で忙しい時期。
男女を問わず人生のおける働き盛りなので、日常的にスポーツを楽しむ余裕などありません。
さらに、今は車社会ですし、鉄道やバスが発達しているので、カラダを動かす機会が必然的に減ってしまい、どんどん体力は低下していってしまうのです。
こうして気がつけば40代。
運動不足からくる体力の衰えと同時に骨ももろくなり、「いつの間に自分はこんなにも年をとってしまったのか」と、ある日ハタと気づくのです。

●体力年齢の若返りを図るには?

体力を維持するためには、筋量の減少を防ぐことが大事です。
年齢とともに筋量が減少すると、転倒や骨折のリスクが大きくなります。
なによりそういったアクシデントをきっかけにして、寝たきりの生活になってしまうのが恐ろしいですよね。
では、どのようにしたら筋量の減少に歯止めをかけ、体力年齢を若返らせることができるのでしょうか?
それにはやはりスポーツしかありません。
よく、体力を維持するためにジョギングが推奨されますが、筋量の維持するためには、それだけでは不十分です。
ジョギングや水泳、ウォーキングなどの有酸素運動とともに筋トレを併せて行うことが望ましいでしょう。
40~50歳代の方でもトレーニングを積むことで30代のような体力に回復させることは可能ですし、90歳を過ぎても筋肉が成長するというデータもあるのです。
また、若い方でも偏ったダイエットで筋肉量を減らしてしまっている場合は、老後に大きなリスクを抱えることになりそうです。
特に実生活に支障がなければ、焦りを感じることはないでしょうが、それを放っておいたら、将来的に生活に支障をきたしてしまうかもしれません。
この先の健康な生活のためにも、是非筋トレを取り入れていただきたいと思います。
筋トレによって、筋肉量をキープすることができると、基礎代謝の維持にもつながるため、メタボの予防にもつながります。
筋トレを始めるのは遅くても問題はありませんが、より若い方がトレーニングの効果が出やすいことも確か。
後回しにせずに、できるだけ早めにトレーニングを始めることをおすすめします。

まずは、自分の体力年齢を知り、自分に合ったトレーニングを始めてみましょう。
年齢やコンディションによってもトレーニングの内容は変わってくるので、どんどんトレーナーに相談してくださいね。


タグ: , , , , ,

Posted by プライベートジム 東京 短期ダイエット パーソナル トレーニングジム マンツーマン POLUM 東京都江東区 at 09:01 / 村上克利コラムコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ 空き状況検索
トレーニングジム無料見学
空き状況検索

ダイエット実績

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声

30日間完全返金制度

完全返金制度について

自慢の設備・サービス

No.1パーソナル設備

サプリ・ミネラルウォーター
使い放題

芸能関係者からも好評なジム

広々フィッティングルーム

駐車場2台完備

パーソナルジョギング指導

栄養管理士による食事指導

POLUMダイエット開発者
村上克利コラム

営業時間

営業時間
平日 10:00~21:00
(20:30最終受付)
(休日:不定休)

電話
03-5628-1179

アクセス
都営新宿線「西大島」駅より
徒歩7分

〒136-0072
東京都江東区大島2-3-14
東洋産業ビル4F

店舗写真

駐車場2台完備で
お車でお越しいただてOKです!

村上克利ブログ
江東区
文部科学省

対象地域・種目

東京都江東区
東京で駐車場があるプライベートジムは珍しいとの事で遠方よりお越しになられる方が多いのが特徴です!
東京都千代田区/東京都中央区
東京都港区/東京都新宿区
東京都文京区/東京都台東区
東京都墨田区/東京都品川区
東京都目黒区/東京都目黒区
東京都大田区/東京都世田谷区
東京都渋谷区/東京都中野区
東京都杉並区/東京都豊島区
東京都北区/東京都荒川区
東京都板橋区/東京都練馬区
東京都足立区/東京都葛飾区
東京都江戸川区/千葉県

トレーニング種目
短期集中ダイエット
トレーニングジム
プライベートジム
マンツーマンジム
パーソナルジム
ウェイトトレーニング