HOME » 運動するとストレスが軽くなるのはなぜ?

運動するとストレスが軽くなるのはなぜ?

2016年12月7日

POLUM代表の村上です。運動するとストレスが軽くなるのはなぜ?についてお話したいと思います。

ストレスのない生活を送っている方はいらっしゃいますか?
きっとそんな人を探し出すことはできないでしょう。
サラリーマンもお医者さんも、専業主婦の方も皆、何らかの精神的ストレスを抱えて生きています。
そして何とかしてストレスをなくしたい、ストレスとうまく付き合っていきたいと考えています。

私たちは体験として運動の後には気分がすっきりとすることを知っていますね。
また、運動はストレス解消になるとメディアでもさかんに吹聴されています。
では、なぜ運動するとストレスが解消あるいは軽減されるのでしょうか?
今回は「運動とストレス解消」の関係について説明しましょう。

■人間のメンタル面を左右するセロトニンとは?

これまでストレスをなくすためには、「メンタルを強くもとう」といったことがよく言われてきました。
最近では脳についての研究が進み、メンタル面と脳内で分泌される「神経伝達物質」が大きく関係していることがわかってきました。
脳内伝達物質の1つである「セロトニン」は、別名「幸せホルモン」。
気分を大きく左右するものとしてよく知られています。
もし、体内で生成されるセロトニンの量が減ってしまうと、不安感や鬱屈(うっくつ)した気持ちが強くなったり、イライラしたりして、感情の振れ幅が大きくなります。
女性の更年期障害の症状の1つに、理由もなくイライラすることがあげられますが、これは、更年期以降に女性ホルモンが減少することで、セロトニンの働きも弱まってしまうことが原因なのです。
セロトニンの生成量は年齢とも関係しており、10歳代をピークにして後は少しずつ減少し、機能的にも徐々に衰えていくと言われています。
つまり、人間は加齢とともにストレスの影響を受けやすくなっていくのです。
ですから、セロトニンを活性化してその働きをよくすることが、少しでもストレスに強くなる生活に結びついていくのです。

■セロトニンの働きをUPさせるにはどうしたらいい?

では、セロトニンの働きをよくするためには、どんなことをしたらいいのでしょうか?
代表的な方法の1つに、リズム運動があります。
もっとも手軽なリズム運動は「噛むこと」。
たとえば、ガムを噛むという簡単な行為でもリズム運動といえます。
このほか、深呼吸もリズム運動の1つです。

ただ、「噛むこと」だけではちょっと物足りない、もうちょっとカラダを動かすような運動がしたいという方も多いでしょう。
そんな方におすすめしたいのが、有酸素運動です。
手ごろに始められるのがウォーキングですが、軽いジョギングやエアロバイクなどもいいですね。
いずれの場合も、始めて5分後くらいからセロトニン濃度が上昇し、20~30分程度でピークに達します。
もし、それ以上続けて疲労感を感じてしまうと、かえってセロトニンはあまり働いてくれません。
また、「やるのイヤだな」「キツイ」と感じる運動もいただけません。
ダイエットや競技目的の運動なら辛いトレーニングが必要ですが、ストレス解消の運動なら不快な感情はNG。
毎日20~30分間の短時間で、「楽しんで」行うことがなによりも大事です。

また、このくらい短い時間だったら、忙しくても確保できるのではないでしょうか?
大企業の経営者や海外セレブなどの多忙な人の多くが、朝の時間をさいてランニングやジムでのトレーニングを行っていますね。
これは、ストレスマネジメントにはリズム運動が効果的で、健康維持に必須と強く認識しているからでしょう。
ちなみに、セロトニンは太陽の光を浴びたほうが活性化されやすくなります。
ですから、夜間よりも朝や昼間に運動したほうがいいでしょう。

リズム運動の最大のメリットは、セロトニンが活性化されることで不安感や憂鬱な気持ちが払しょくされるだけでなく、元気が出てくること。
運動後に気分がすっきりするのはこういった背景があったからなのですね。

また、カラダを動かすことで、普段使っていないような筋肉を動かしますし、血流もよくなって酸素がカラダ中に行きわたるので、脳までもスッキリするのです。

■食事にも注意して!

より効果的にセロトニンを活性化するには食事にも気を配りましょう。
セロトニン生成に必要なものの1つがトリプトファンです。
トリプトファンは体内で生成することができない「必須アミノ酸」ですから、毎日の食事からしっかりとらなければなりません。

トリプトファンは、肉類、魚、乳製品などの動物性たんぱく質に多く含まれています。
ただ、動物性タンパク質だけをたくさん摂っても、セロトニンは単純には増えません。
ビタミンB6などのビタミン類もセロトニン生成の過程で必要となります。
ビタミンB6はマグロやカツオなどの赤身の魚、豆類、ナッツ類、バナナなどに多く含まれています。

こういったことを考えると、ストレス解消には適度な運動とバランスのとれた食事が何よりも大事だということがうなずけます。


タグ: , ,

Posted by プライベートジム 東京 短期ダイエット パーソナル トレーニングジム マンツーマン POLUM 東京都江東区 at 10:04 / 村上克利コラムコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ 空き状況検索
トレーニングジム無料見学
空き状況検索

ダイエット実績

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声

30日間完全返金制度

完全返金制度について

自慢の設備・サービス

No.1パーソナル設備

サプリ・ミネラルウォーター
使い放題

芸能関係者からも好評なジム

広々フィッティングルーム

駐車場2台完備

パーソナルジョギング指導

栄養管理士による食事指導

POLUMダイエット開発者
村上克利コラム

営業時間

営業時間
平日 10:00~21:00
(20:30最終受付)
(休日:不定休)

電話
03-5628-1179

アクセス
都営新宿線「西大島」駅より
徒歩7分

〒136-0072
東京都江東区大島2-3-14
東洋産業ビル4F

店舗写真

駐車場2台完備で
お車でお越しいただてOKです!

村上克利ブログ
ケビン店長Blog
鈴木トレーナーBlog
江東区
文部科学省

対象地域・種目

東京都江東区
東京で駐車場があるプライベートジムは珍しいとの事で遠方よりお越しになられる方が多いのが特徴です!
東京都千代田区/東京都中央区
東京都港区/東京都新宿区
東京都文京区/東京都台東区
東京都墨田区/東京都品川区
東京都目黒区/東京都目黒区
東京都大田区/東京都世田谷区
東京都渋谷区/東京都中野区
東京都杉並区/東京都豊島区
東京都北区/東京都荒川区
東京都板橋区/東京都練馬区
東京都足立区/東京都葛飾区
東京都江戸川区/千葉県

トレーニング種目
短期集中ダイエット
トレーニングジム
プライベートジム
マンツーマンジム
パーソナルジム
ウェイトトレーニング