HOME » ご存じですか?「ロコモティブシンドローム」

ご存じですか?「ロコモティブシンドローム」

2016年9月7日

ご存じですか?「ロコモティブシンドローム」

「超」高齢化社会を迎えつつある今、単に長生きするだけでなく、健康であり続けたいと考えるのとても自然なことです。
「ロコモティブシンドローム」(ロコモ)という言葉をご存じですか?
「ロコモティブ」とは簡単にいえば「運動」を意味します。
最近メディアで紹介されることも増えてきたので、聞いたことがある方も多いでしょう。
何もしないでおくと将来的には寝たきりになる危険をはらんでいる「ロコモティブシンドローム」について今回は説明します。

■ロコモティブシンドロームって何?

ロコモティブシンドロームとは、骨・関節・筋肉などの運動器(ロコモティブモーガン)の障害が原因で、立つ・歩くなどの移動能力が低下してしまい自立した日常生活が難しくなり、「要介護」または「要介護の危険がある状態」を指しています。
メタボリックシンドロームが心臓や脳血管といった「内臓の病気」であるのに対し、ロコモティブシンドロームは、「運動器」の障害が原因です。
日本では40歳以上の男性の84%、女性の79%がロコモティブシンドローム、またはその予備軍と考えられています。
ロコモティブシンドロームは、本人が気づかないほどゆっくり進行していきます。
その具体的な症状には、加齢や病気、ケガなどが原因のヒザや腰の痛みのせいでよくつまずく、ゆっくりとした歩くことができなくなるといったことがあげられます。

働きざかりの方はピンとこないかいもしれませんが、実は筋肉の衰えは40歳代から始まっているのです。
特に50歳代になると筋肉量が減り、それにともなって筋力も低下していきます。
これは自然な現象なのですが、加齢によって著しく筋肉量が減少してしまうことを「サルコペニア」と呼んでいます。
ちなみに「サルコペニア」とはギリシ語の「サルコ(筋肉)」と「ペニア(減少)」の造語です。
例えば加齢とともに筋肉量がへるとバランス能力も低下して転びやすくなりますね。
高齢者は転倒すると骨折しやすいもの。
そうなるとますます活動量が低下、食事の量も減って、筋肉量がさらに低下するという悪循環ができてしまうのです。
ロコモティブシンドローム予防のためにも、なんとかこのような悪循環を断ち切りたいものです。

■ロコモティブシンドロームの予防は運動と食事

骨や筋肉の組織は毎日少しずつ生まれ変わっています。
健康な状態を保つためには、毎日適度な運動とバランスのよい食事をとるのが一番です。
「ヒザが腰や痛いから」「ケガをするのはイヤだから」と、カラダを動かさずにいると運動機能は低下する一方です。

そこで必要となるのが「ロコトレ」。
これは「ロコモーショントレーンング」の略で、ロコモの予防や改善のためにするトレーニングのことです。
ただ単に、やみくもに走ったり、泳いだりするのはいただけません。
重要なのは膝や足への負担を考慮したトレーニングをすることなのです。

例えば一人で歩くのが難しくなってしまう方は足の筋肉が弱く、片足で立っていることのできる時間が短くなってしまいます。
足の筋肉は歩行だけでなく、椅子から立ち上がったり、階段を上り下りしたりと日常生活とは切っては切り離せない動作を担っています。
自宅でできるスクワットや何かにつかまった片足で立つトレーニングも紹介されていますが、自分自身の運動能力やロコモティブシンドロームの進行度に個人差があることを最初に認識しなくてはなりません。

ロコトレの場合でもやはりパーソナルトレーナーに相談し、自分に合ったトレーニングを行うことがとても重要です。
ロコモ予防のトレーニングのつもりがケガをしてしまっては本末転倒になってしまいますから!
また、ロコトレの場合、継続することも非常に大事です。
例えば一気に負荷を上げるのはでなく、トレーナーと相談しながら長期的視野にたって計画的なトレーニングを行い、カラダを少しずつ変えていくことが望ましいでしょう。

適度な運動をする→空腹になる→バランスのよい食事をとる→活動的(意欲的)になる

このように、よい流れをつくることができれば健康的な生活を送ることができるでしょう。

ロコモ予防には、江東区のトレーニングスタジオポルムまでご相談下さい。


タグ: , ,

Posted by プライベートジム 東京 短期ダイエット パーソナル トレーニングジム マンツーマン POLUM 東京都江東区 at 10:51 / 村上克利コラムコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ 空き状況検索
トレーニングジム無料見学
空き状況検索

ダイエット実績

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声

30日間完全返金制度

完全返金制度について

自慢の設備・サービス

No.1パーソナル設備

サプリ・ミネラルウォーター
使い放題

芸能関係者からも好評なジム

広々フィッティングルーム

駐車場2台完備

パーソナルジョギング指導

栄養管理士による食事指導

POLUMダイエット開発者
村上克利コラム

営業時間

営業時間
平日 10:00~21:00
(20:30最終受付)
(休日:不定休)

電話
03-5628-1179

アクセス
都営新宿線「西大島」駅より
徒歩7分

〒136-0072
東京都江東区大島2-3-14
東洋産業ビル4F

店舗写真

駐車場2台完備で
お車でお越しいただてOKです!

村上克利ブログ
ケビン店長Blog
鈴木トレーナーBlog
江東区
文部科学省

対象地域・種目

東京都江東区
東京で駐車場があるプライベートジムは珍しいとの事で遠方よりお越しになられる方が多いのが特徴です!
東京都千代田区/東京都中央区
東京都港区/東京都新宿区
東京都文京区/東京都台東区
東京都墨田区/東京都品川区
東京都目黒区/東京都目黒区
東京都大田区/東京都世田谷区
東京都渋谷区/東京都中野区
東京都杉並区/東京都豊島区
東京都北区/東京都荒川区
東京都板橋区/東京都練馬区
東京都足立区/東京都葛飾区
東京都江戸川区/千葉県

トレーニング種目
短期集中ダイエット
トレーニングジム
プライベートジム
マンツーマンジム
パーソナルジム
ウェイトトレーニング